日本人が降伏してから 29 年後に第二次世界大戦と戦い続けた日本兵。

今日私は見つけました戦争が終わったことを知らなかったため、日本人が降伏してから 29 年後、第二次世界大戦と戦い続けた日本人兵士について。

小野田広夫は、もともと中国の商社で働いていた日本人です。 20歳のときに日本军に加わるように呼ばれた。 彼はすぐに仕事を辞め、日本でのトレーニングに向かいました。 訓練のある時点で、彼は帝国軍情報官として中野学校で訓練されるように選ばれました。 この特殊な軍事情報訓練では、彼は特に情報収集の方法とゲリラ戦の実施方法を教えられました。 彼は敵の後ろに入り、兵士の小さなポケットを残されて、ジャパンの敵にとって人生を悲惨にし、その過程で知性を集めるように手入れされていました。

1944年12月26日、小野田はフィリピンのルバン島に送られました。 指揮官の谷口吉美メジャーからの彼の命令は簡単でした。

あなたは自分の手で死ぬことを絶対に禁じられています。 3 年かかるかもしれませんが、 5 年かかるかもしれませんが、何が起こっても、戻ってきてください。 それまでは、兵士が 1 人いる限り、彼を導き続けなければなりません。 ココナッツの上に住む必要があるかもしれません。 その場合は、ココナッツの上に住んでください! いかなる状況でも、自発的に人生をあきらめることはありません。

その後、小野田はすでに島にいる日本の兵士とつながり、その後すぐに島にいた他の将校が小野田の命令の一部を果たすのを手伝うことを拒否したとき、島は敵軍にオーバーランされましたとりわけ港と飛行場を破壊するために与えられました。 これにより、連合軍は島を征服しやすくなり、1945年2月28日に着陸しました。 島が征服された直後、残りの日本兵は3人か4人の小グループに分かれてジャングルに向かった。

これらの小グループのほとんどはすぐに殺されました。 自分で構成されているオノダスグループではありますが、赤津雄一、島田siochi、小塚金吉はそうではありませんでした。 彼らは、食料、弾薬などの物資を厳密に配給しながら、できる限り敵軍をハリーするためにゲリラ戦の戦術を使い続けました。小さな米の配給にバナナ、ココナッツ、その他のジャングルからの食べ物を補充し、地元の農場で管理できるようになったら襲撃を行います。

1945年10月、別のセルが地元の農場から牛を食料のために殺した後、彼らは地元の島民から8月15日に戦争が終わったというリーフレットに出会いました。 山から降りてください! 残っている少数の細胞はこのリーフレットについて広範囲に議論しましたが、最終的には彼らに自分自身をあきらめさせることを試みているのは同盟プロパガンダであると判断しました。 彼らは、日本が配備された時から、こんなに早く負けたはずがないと感じました。 確かに、これは広島や長崎に投下された原爆についての知識がない人には奇妙に思えます。 また、ほんの数日前に別のセルが発射されていました。彼らは戦争が終わってもこれは起こらないだろうと感じました。

結局、同じ年の終わり近くに、地元の島民が射殺されて襲撃されることにうんざりして、ジャングル全体にチラシを落とすボーイングのB-17を手に入れました。 これらのチラシには、山下将军から降伏命令が印刷されていた。 残りの少数の細胞は、これらのリーフレットを再度精査して、それらの真正性を判断しようとしました。 結局、彼らが日本に送り返される方法に関するリーフレットの言葉遣いは彼らにとって魚のように見えました。主に、その言葉遣いが日本が負けたかのように見えたからです。彼らが理解できず、戦争を受け入れる意欲の大きな問題であった何かが終わりました。 もし日本が勝っていたら、彼らは来て手に入れました。 日本は負けることができなかったので、戦争はまだ続いているに違いない。 それで彼らは、同盟国が彼らの成功したゲリラ戦術にもっとうんざりし、彼らを降伏させようとしていると再び信じました。

これがうまくいかなかったとき、日本からの新聞とともにさらに多くのチラシが落とされました。兵士の家族からの写真と手紙。代表者は日本から派遣され、ジャングルを通り抜けてスピーカーで話し、兵士たちにあきらめてほしいと懇願しました。 セルが遭遇したすべての場合において、それが連合軍による精巧なデマであると彼らに信じさせるために行われた方法について、彼らの心には常に疑わしい何かがありました。

ジャングルの中で何年も経ちましたが、これらの4人の兵士はあらゆる機会に敵を飼育し、できる限り最善の情報を収集するという宣誓義務を果たし続けています。 ある時点で、彼らが見たほとんどの人が民間服を着ていたとき、彼らは、これも日本のゲリラ兵士を誤った信頼感に陥らせるための連合軍からの結集であると考え始めました。 彼らは、その後すぐにこれらの民間人を解雇するたびに、捜索隊が彼らを狩りに到着するという事実を検討しました。 時間が経つにつれて、彼らは徐々に孤独に心をひねって、誰もが敵であると考えさせました。 もちろん、彼らの心の中には、ジャングルの安全から彼らを誘惑することを余儀なくされた日本人囚人がいました。

やがて、ジャングルで5年ほど過ごしたところ、赤津は降伏することを決めたが、他の3人の兵士には伝えなかった。 それで、1949年に彼は他の人から離れて、ジャングルで6ヶ月だけで彼が同盟軍だと思ったものにうまく降伏することができました。 この出来事のため、オノダスセルはさらに慎重になり、赤津が去るのをセキュリティ上の脅威と見なしたため、より深く隠れ、リスクが少なくなりました。 もし彼が捕らえられたら、彼らは考えた。

約5年後、別の小グループである島田は、ゴンティンのビーチで小競り合いで死亡しました。 現在、小野田と小塚の2つしかありませんでした。

さらに約17年間、2人はジャングルに住んでいて、できる限り最高の情報を収集し、危険を冒す可能性があるときに敵軍を攻撃しました。 彼らは、最終的には日本がより多くの部隊を派遣し、その後これらの部隊をゲリラ戦で訓練し、集めた情報を使って島を再び取るとまだ確信していました。 結局のところ、彼らの命令は、彼らの指揮官が来て彼らを手に入れ、彼らの指揮官が何があってもそうすることを約束したまで、彼らがしたように維持し、行うことでした。

現在、1972年10月、27年間隠れた後、フィリピンのパトロールとの戦いでコズカが死亡しました。 日本人は長い間彼がすでに死んだと思っていました、彼らは彼がジャングルでそんなに長く生き残ることができるとは思っていませんでした。 しかし、彼らが彼の体を手に入れたとき、彼らは彼も死んでいると宣言されていたにもかかわらず、おそらく小野田もまだ生きていると考え始めました。

その後、日本人はジャングルの中で小野田を見つけようとする検索パーティーを送りました。 残念ながら、彼は27年の練習で身を隠すのが得意でした。 これらは見つからない。 小野田は任務を続けた。

ついに1974年、大学生の鈴木ナリオが世界を旅することを決めました。 彼の旅でやるべきことのリストの中には、小野田、パンダ、そして忌まわしい雪だるまを見つけることがありました。 彼は島に旅行し、小野田の兆候を探してジャングルをトレッキングしました。 驚くべきことに、過去29年間に文字通り何千人もの人々が失敗したため、鈴木は成功しました。 彼はオノダスの住居とオノダ自身を見つけました。

それから彼は小野田に彼と一緒に家に帰るよう説得しようとしました。 小野田は拒否した。 彼の指揮官は、何があっても彼のために戻ると言っていました。 彼らが戻って彼にそうするように命令するまで、彼は降伏し、戦争が終わったとは信じませんでした。 この時点で、彼は単に家に帰ることを許可されていなかったでしょう。彼は降伏して敵の容赦に身を投じることを要求されるでしょう。 長年にわたり、彼は自分が習得したゲリラ戦術の使用に成功しすぎていました。 30人のフィリピン人を殺し、100人以上を負傷させ、さまざまな作物などをほぼ30年間破壊しました。

鈴木はその後、ヘドが小ノダを発見したというニュースで日本に戻りました。現在引退して本屋で働いている谷口少佐、その後、島と小ノダに連れ戻され、日本が戦争に負け、武器を放棄してフィリピン人に降伏することになったことを伝えました。

ご想像のとおり、ジャングルに住んでいた後、彼が日本を助ける義務だと思ったことをやった後、今では彼の人生の 29 年を無駄にしていることが判明しました。さらに悪いことに、罪のない民間人を殺したり傷つけたりすることで、これは小田への押しつぶされた打撃として来ました。

私たちは本当に戦争を失いました! どうしてそんなにずさんだったのでしょうか?

突然すべてが黒くなりました。 嵐が私の中で激怒しました。 私はここで途中でとても緊張して慎重だったことを愚か者のように感じました。 それよりも悪いことに、私はここ数年間何をしていましたか?

徐々に嵐は沈静化し、初めて本当に理解しました。日本軍のゲリラ戦闘機としての私の 30 年は突然終わりました。 これが終わりでした。

ライフルのボルトを引き戻し、弾丸を降ろした。。。。

いつも持っていたパックを緩め、その上に銃を置いた。 私がここ何年も赤ちゃんのように磨き、世話をしていたこのライフルには、これ以上使用できませんか? または、岩の隙間に隠していたコズカスライフル? 戦争は本当に 30 年前に終わったのですか? もしそうなら、島田と小塚は何のために死んだのですか? 何が起こっていたのかが本当だったら、私が彼らと一緒に死んだ方が良かったのではないでしょうか?

1975年3月10日、52歳のとき、小野田は何とかしてまだ真っ白に保管されていた制服を着て、ジャングルから行進し、フィリピン大統領フェルディナン・マルコスに武士の剣を降伏させた。 フィリピンでは非常に一般的ではありませんが、日本では非常に人気があり、オノダがずっと戦争中だと思っていたことを考えると、オノダは犯罪を許しました。

結局のところ、小野田を愚か者、さらに悪いことに、無実の人々の殺害と見なすかもしれません。 結局、彼はそれらの両方でした、それを否定することはできません。 しかし同時に、厳格な信念に基づいて生活し、自分が正しいと信じていることを達成するために全力を尽くすすべての人は、最終的に彼らが努力しているものがうまくいくか、最終的には良いことになります。 これは、誰かが驚くべきことをしたケースの1つであり、彼の国と彼の義務への極端な献身と、歴史上の多くの人に比類のない不屈の精神を示しています。

状況が異なっていて、戦争が本当に長い間続いていたならば、戦いの両側からの兵士と人々は彼の勇気と献身のために彼を尊敬していたでしょう。 その点で彼はもっとヒーローでした。 しかし、世界は彼の考えではなく、結局、振り返ってみると、彼は他の何よりもばかでした。 しかし同時に、これが他のほとんどできなかったことをすることに関して何か素晴らしいことをした人であったことを無視することはできません。彼が考えたような状況であった場合、彼がしたことは賞賛されるべきことでした。 彼は直面した (彼が思ったこと) は隅々まで死であり、30年間極度の状況にあり、彼の国のために戦いました。 それは尊重されるべきです。 そのようなことをすることができ、決して完全または降伏しない珍しい人です。onodaがジャングルでほぼ30年間直面していた逆境よりも桁違いに少ない逆境に直面したとき、私たちのほとんどが常にそうするように、決して簡単な方法をとらないでください。

この記事が気に入ったら、新しい人気ポッドキャストである brainfood show (Itunes, Spotify, Google play ミュージック, フィード) 、および:

ボーナス小田事実:

  • 小野田が日本に戻ったとき、彼は英雄として見られました。 彼はまた、過去30年間の給与を与えられました。 今の日本での生活は、彼が覚えていたものとは大きく異なり、彼の好みにはまったく違いました。 愛国心など、彼が大切にしていた日本の伝統的な美徳の多くは、文化にほとんど存在しませんでした。確かに彼の見解では、日本は今や世界の他の地域に牛を牽引し、その誇りと感覚を失っていました。 そこで彼はブラジルに引っ越し、給料を使って牧場を購入し、最終的に結婚しました。
  • 小田は自伝を発表しました:降伏なし、私の 30 年戦争そこで彼はゲリラ戦闘機としての彼の人生を詳しく説明しています。
  • 小野田は1980年に両親を殺害した日本人の10代の若者について読んだ後、彼の国の状態と日本の若者にさらに苦痛を感じました。 その後、1984年に帰国し、若者のための自然学校を設立し、さまざまな生存技術を教え、より自立し、より良い日本人になるように教えることができました。
  • 1996 年 5 月、彼は地元の学校に 10,000 ドルを寄付して 30 年間住んでいた島にフィリピンに戻りました。ご想像のとおり、彼は地元の人々にあまり人気がありません。寄付にもかかわらず。

ボーナス小田引用:

  • 男性は決してあきらめてはいけません。 私は決してしません。 失うのは嫌だ。
  • 男性は決して女性と競争すべきではありません。 もしそうなら、男たちはいつも負けます。 それは女性がもっと持久力を持っているからです。 母はそれを言った、そして彼女はとても正しかった。
  • 常に市民志向でなければなりません。 毎日毎分、 30 年間、私は自分の国に仕えました。 それが個人としての私にとって良いのか悪いのか疑問に思ったことすらありません。
  • 親はより自立した子供を育てるべきです。 私が 1980 代にブラジルに住んでいたとき、 19 歳の日本人男性が大学入試に失敗した後に両親を殺したと読みました。 びっくりしました。 なぜ彼は引っ越す代わりに両親を殺したのですか? 彼には十分な自信がなかったと思います。 これは日本人が弱くなりすぎている兆候だと思いました。 私は子供たちにもっと力を与えるために自然学校を設立するために日本に戻ることにしました。
  • 親は、子供の前に死ぬことになっていることを覚えておく必要があります。 誰も後で彼らを助けることはないので、両親が子供たちに与えることができる最大の贈り物は独立です。
  • 文句ありません。 私がそうしたとき、母は私が自分の人生が気に入らなければ、あきらめて死ぬことができると言いました。 彼女は私が彼女の中にいるとき、私が生まれたいと彼女に言ったので、彼女は私を出産し、母乳で育て、おむつを交換したことを思い出させました。 彼女は私が勇敢でなければならないと言った。
参照用に展開します。

小田広夫